軽自動車

オープンカー

さっそうと街中を走りぬけていくオープンカー。そんなイメージは軽自動車にはないかもしれません。でも、軽自動車にも走りそのものを楽しむためのオープンカーがあるんです。

 

ホンダのビートは、1991年に発売された二人乗りのスポーツカータイプの軽自動車。走りの楽しさを味わうことをコンセプトに作られており、もちろんマニュアルシフト。加速やステアリングも優れており、小気味良い走りを楽しむことができるクルマとして今でも根強い人気を誇っています。

 

ダイハツのコペンもまた、スポーティーなルックスと軽自動車とは思えない走行性が根強い人気のオープンカーです。丸みを帯びたキュートで美しいフォルムは一般的な軽自動車にはない高級感を備えており、電動式のルーフもとても魅力的です。こちらも二人乗り。こんなクルマで海沿いを走ると気持ちよさそうです。

 

軽自動車の雄スズキが発売するスポーツタイプのオープンカーが、カプチーノ。磨きあげられた洗練さを印象づけるシャープでスタイリッシュなデザインは、今でもとても高い評価を得ており、中古市場でも人気の高いクルマの一つです。

 

どのクルマも、ナンバープレートがなければ、知らない人はたぶん軽自動車だとは思わないでしょう。体にフィットするシート、天候や気分に合わせて 取り外したり開き具合を調整したりできるルーフ、そして軽自動車とは思えない洗練されたルックスと小気味よい走りを備えていて、見ているだけでワクワクするオープンカーです。