軽自動車

2代目タント

軽トールワゴンのジャンルで、おもに軽自動車を得意なジャンルとしているダイハツから発売されたクルマが「タント」になります。このタントは2003年に初代タントが発売されましたが、そのあとにフルモデルチェンジが行なわれることが決定し、2007年の12月17日に2代目タントが発売されることになったのです。

 

フルモデルチェンジを受けて生まれ変わった2代目タントですが、デザインとしては先代の初代タントからそのままキープされたものになっています。しかしながら細かい部分で2代目タントのデザインが変更され、タントカスタムに関しては先代と変わらない攻撃的なデザインになっているのですが、ノーマルモデルの2代目タントにおいてはより女性のユーザーが獲得できるように女性向けのデザインにじゃっかんの変更がくわえられています。

 

さらに助手席側のドアには軽自動車ではじめての搭載となった「ミラクルオープンドア」と言うドアが2代目タントでは採用されたのですが、これはスライドドアシステムに加えて中央のセンタービラーを取り除いた構造であり、従来のスライドドア式の軽自動車と比べて格段に乗り降りがしやすくなった構造となっているものなのです。

2代目タント関連ページ

初代タント
軽自動車は燃費がいいだけではありません。あなたのライフスタイルにピッタリの軽自動車を選びましょう。
ボディの長さ
軽自動車は燃費がいいだけではありません。あなたのライフスタイルにピッタリの軽自動車を選びましょう。
タントカスタム
軽自動車は燃費がいいだけではありません。あなたのライフスタイルにピッタリの軽自動車を選びましょう。